Webブラウザ版をデスクトップにアプリとして登録する方法

デスクトップからWebアプリを利用する方法

Webブラウザ、デスクトップ、モバイルの各アプリケーションが使用可能なWPS Cloud。
こちらではWebブラウザの「最近開いた文書」のページをすぐに開きたいときに便利な機能をご紹介します!

■そもそもWebアプリとデスクトップアプリの違いは?

・Webアプリ

WebアプリはWebブラウザ(Google ChromeやSafari、Microsoft Edgeなど)を使用して動作するアプリケーションです。

そのため、アプリのダウンロード・インストール操作を行う必要はありません。

また、アプリのアップデートがあった際は、サーバー上で実施されるため、ページの再読み込み・アカウントの再ログインさえすればアップデート後の内容が適用されます。

web_app1

・デスクトップアプリ

デスクトップアプリは、PCにアプリのプログラムをダウンロード・インストールしてから使用可能になるアプリケーションです。

そのため、PCにそのアプリをダウンロード・インストールするためのストレージ容量が必要となります。

また、アップデートがあった際は、新しいプログラムを再度インストールする必要があります。

web_app2

■「Webアプリをデスクトップアプリ化する」とは?

Webアプリをデスクトップアプリ化する場合、Google Chromeの機能で特定のWebサイトをアプリ登録します。

この機能を使うことにより、通常開いているChromeのブラウザとは別のブラウザで開くことができるため、タブが増えることはありません。

また、デスクトップにはアプリ化したWebサイトのアイコンもソフトウエアのように表示がされるため、すぐにそのサイトを開くことができます。

■設定方法

1. デスクトップアプリ化したいWebサイトを開く

web_app3

2. 右上の「︙」をクリックし、「その他のツール」を選択

web_app4

3. 「ショートカットを作成」をクリック

web_app5

4. 「ショートカットを作成しますか?」の画面にて「ウィンドウとして開く」にチェックをいれて「作成」ボタンをクリック

web_app6

■Windows OSの場合

Windowsで上記設定をした場合、デスクトップにショートカットが表示され、Webサイトがアプリ化されます。

アイコンをダブルクリックして開くと、ブックマーク等が無い、独立したウィンドウで表示がされます。]

web_app7
web_app8

■Mac OSの場合

Macでアプリ化設定をした場合、個人のアプリケーションフォルダにアイコンが表示されます。

また、Launchpadにもショートカットが追加されます。

■アプリ化した際の注意点

アプリ化したWebサイトに関しては、通常表示される「進む・戻る」のボタンは表示がされません。

そのため、ショートカットキーの戻る・進む(Windows:Alt + ← or →、Mac:Command + ← or →)またはスワイプ、戻るボタンのあるマウス等で代用するなどの工夫が必要です。

■アプリ化したWebサイトの削除方法

もし、必要がなくなったWebサイトは「chrome://apps/」をアドレスバーに張り付けるとアプリページが開きます。

削除したいアイコンを右クリックし、「Chromeから削除」にて削除することが可能です。

web_app11

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

一度アプリ化し、同一のGoogleアカウントでChromeを開けば、別の端末でもアプリページから開くことが可能です。

Webサイトのアプリ化は、WPS Cloudととても相性がいい機能なので、ぜひ活用してみてください!