キングソフト株式会社(代表取締役社長:馮 達、本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、Mac版デスクトップアプリ「WPS Cloud」を2022年5月6日(金)に正式リリースいたしました。Mac App Storeよりバージョン4.0.0をインストールしてご利用いただけます。

Mac App Storeでアプリをインストールする
https://apps.apple.com/jp/app/id1616438540?mt=12

WPS Cloudとは

WPS Cloudは、Windows版・Mac版・モバイル版として提供している総合オフィスソフト「WPS Office」をクラウド化し、オンラインストレージへファイルを保存することで、時間や場所、アクセス方法にとらわれることなく、自由なファイル共有・編集といったコラボレーションを実現します。インターネット環境があれば、Windows、Mac、Android、iOS、お使いの端末でどこからでもアクセスでき、文書作成・表計算・スライド作成・PDFファイルの編集機能、ファイルの同時編集など、テレワークを促進する機能を搭載しています。

Mac版WPS Cloudデスクトップアプリの提供を開始

Mac App Storeにて、macOSに対応したWPS Cloudアプリの提供を、2022年5月6日(金)より開始いたしました。これに伴い従来のMac版アプリ「WPS Office for Mac」は、アプリ名が「WPS Cloud」へ変更となります。現在「WPS Office for Mac」をご利用中のお客様は、アカウントをそのまま引き継いでご利用いただけます。
本リリースでは、デスクトップアプリからWPS Cloudのクラウドストレージにアクセスできるようになり、Macユーザーの利便性を向上しました。

<旧バージョンアプリをご利用中のお客様へのご案内>
旧バージョンのMac版デスクトップアプリをアンインストールしてから本リリースの新アプリをインストールしていただくと、アップデートした状態でお使いいただくことができます。詳細は以下のURLページをご確認ください。
https://www.wpscloud.jp/updates-info/20220517/

WPS Cloudの基本機能

1. クラウドストレージでファイル管理

クラウドストレージにファイルや画像などを保存することで、端末の保存容量を節約できる、組織単位でファイルを一元管理、といったメリットがあります。どのデバイスからでもアクセスでき、自分以外のユーザーが保存した大量のファイルの中からでも、必要なものだけを素早く検索することが可能です。頻繁に使うフォルダやファイルは「ピン留め」を、定期的に使うフォルダやファイルは「お気に入り」にすることもできます。

クラウドストレージでファイル管理

2. Officeクラウドの基本を備えた編集機能

WPS Cloudは<.docx><.xlsx><.pptx><.pdf>を中心に様々な拡張子に対応しています。文書作成、表計算、スライド作成だけでなく、PDFファイルの編集機能を搭載しています。デスクトップアプリでは、PDFファイルをDOCX、XLSX、PPTXファイルに変換する、PDFファイルの分割やページの入れ替え、文字の直接編集など高度な編集もおまかせください。

Officeクラウドの基本を備えた編集機能

3. リンクを知らせるだけでファイルを簡単共有

WPS Cloudのクラウドストレージに保存したファイルは、ワンクリックで発行できるリンクを知らせるだけですぐに指定のメンバーへ共有できます。該当のファイルまたはフォルダへのリンクを「WPS Cloud」上で発行する、もしくはプロジェクトのメンバーとして招待をするだけ。情報交換、ファイル共有、保管のための仕組みがWPS Cloudひとつで全て実現します。

リンクを知らせるだけでファイルを簡単共有

4. ファイルへのアクセスを制限できる

WPS Cloudは、ファイルへのアクセス権限の設定も簡単に行えます。各ユーザーや組織単位で、アクセス権限をプレビューのみに変更したり、期日限定の公開を選択したりすることが可能です。幅広くオプションを設定することができ、外部との情報共有において、常に高いレベルでの安全性を担保しながら、優れた操作性によりビジネスのスピードを加速させます。

ファイルへのアクセスを制限できる

5. 複数ユーザーで共有したファイルを同時編集する

大量のデータ入力、レポートの共同編集など、WPS Cloudのアカウントを持っているユーザー同士であれば、ファイルをオンライン上で同時に編集することができます。また、ファイルのオーナーが編集範囲を設定できるので、誤入力や削除といった情報の変更を防ぐことができます。WPS Cloudのクラウドストレージに保存したファイルなら、Webブラウザで開いてビデオ会議で画面共有にも対応しています。会議中にメンバー同士で共同編集することで、その場の “ひらめき” をすぐにファイルに残せます。

複数ユーザーで共有したファイルを同時編集する

WPS Cloudを使ってみよう

WPS Cloudには、無料版と有料版があります。
無料版は、利用期間の制限はありませんが、使える機能に制限があります。有料版は、サブスクで使える6ヵ月プランと1年プランをご用意しています。
● 6ヵ月プラン:2,520円(税込)
● 1年プラン:4,560円(税込)

料金プランページでは、「使える機能はなにが違うの?」「有料版にはどんなメリットがあるの?」など、無料版と有料版の違いをご紹介しています。
WPS Cloudの料金プランを見る
https://www.wpscloud.jp/pricing/

有料版(6ヵ月プランまたは1年プラン)をお申込みいただくと、はじめの7日間はお試し期間として無料体験できます。WPS Cloudの良さを知っていただける有料版の無料体験がおすすめです!

※お申込み前に必ず利用規約をご確認ください。
※有料プランの申込には、WPS Cloud アカウントの登録が事前に必要です。
※有料プランには、7日間のトライアル期間が付いています。期間中は申込をキャンセルすることができます。